二条城 Ⅲ

二条城の紹介、少し間が空いてしまい申し訳ありません。
今回が最終回となります。ご紹介させて頂きます。

1.本丸御殿の内堀を半周して本丸櫓門の反対側、西橋に着きました。こちら側は櫓門はありませんが、立派な石垣の城壁に守られています。
a0046000_12542118.jpg


More
# by hirok41 | 2012-10-06 14:02 |

二条城 Ⅱ

前回に続いて 二条城 Ⅱをご案内致します。

1.二の丸庭園を見物して進路を進むと本丸櫓門前に出て東橋を渡るのですが、渡らずに内堀周囲を南周りに進みました。
a0046000_14121243.jpg


More
# by hirok41 | 2012-09-30 14:59 |

二条城 Ⅰ

先日、何年ぶりでしょうか、二条城へ行ってきました。現在各所の修復作業は進められ、数年で完了すると美しく変わると思います。
お城の周りを1周すると確か3Km程あると思われます。

二条城は、1603年(慶弔8年)徳川 初代将軍家康が、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として造営し、
三代将軍家光が、伏見城の遺構を移すなどして、1626年(寛永3年)に完成したもので、家康が建てた慶長年間の建築と家康が
つくらせた絵画・彫刻など、いわゆる桃山文化の全貌を見る事が出来ます。

1867年(慶応3年)十五台将軍慶善の大政奉還により、二条城は朝廷のものとなり、1884年(明治17年)離宮となりました。
その後、1939年(昭和14年)に京都に下賜され、1994年(平成6年)にはユネスコの国際遺産に登録されました。 

1.東南角 櫓 外周から眺めることが出来る櫓です。 白壁が塗り替えられ美しくなっていました。
  流石に見学者も多いです。
  これから二の丸御殿を見学しましたが、残念ながら内部は撮影禁止になっていました。
a0046000_13322138.jpg


More
# by hirok41 | 2012-09-26 14:09 |

上賀茂神社  烏相撲

大変ご無沙汰をして誠に申し訳ございません。
久しぶりにブログアップをさせて頂きました。どうぞ、よろしくお願い致します。

9月9日は、九という陽の数字が重なる事から重陽といい、古来よりこの日に菊酒を飲んだり、菊花についた露で肌を拭ったりして災厄を祓ってきました。古来宮中その他で行われた五節句の一つの重陽の節句に相当し、本殿に菊花を供え無病息災を祈願します。
烏相撲は、賀茂族の祖先が神武天皇の遠征を先導した八咫烏(やたがらす)だという故事に由来します。
刀祢(とね)と呼ばれる役が「カーカーカー」「コーコー」とカラスの鳴き真似で受け答えをするユーモラスな神事や、禰宜方(ねぎかた)、祝方(ほうりかた)に分れ、子供の奉納相撲が行われます。
(解説は関係先の文章を拝借致しました。)
1.
a0046000_127136.jpg


More
# by hirok41 | 2012-09-12 13:13 | 寺・神社

近江神宮  饗宴祭 Ⅱ

1.饗宴祭に神事が行われる時間が近づいて来たようです。
a0046000_10233668.jpg


More
# by hirok41 | 2012-07-08 10:46 | 寺・神社

近江神宮  饗宴祭 Ⅰ

友人のお誘いを受けて琵琶湖畔の散策に行ってきました。
最近は近くに地下鉄が開通したお陰で滋賀県浜大津まで直通で行く事が出来る様になりました。理由は途中の駅から京阪電鉄と相互乗り入れ出来たお陰です。
また、湖岸を移動するには浜大津から湖都周遊1日切符が発売されていますので、利用して坂本や石山寺へ行く事が出来ます。
予定では両方向に散策する予定でしたが、時間が足りず、坂本駅エリアに行く事にしました。


1.近江神宮駅で降りて徒歩で20分程行くと前方に大きな森が見えます。そこを入って行くと参道に着く事が出来ます。
  しばらく歩いて大きな鳥居が見えてきました。
a0046000_1511091.jpg


More
# by hirok41 | 2012-07-06 15:22 | 寺・神社

京都府立植物園  紫陽花

先日、所属クラブの撮影会で植物園へ行ってきました。
6月はやはり紫陽花でしょうか! 久しぶりに花を撮ってきました。


1.
a0046000_11152619.jpg


More
# by hirok41 | 2012-06-16 11:15 | 季節

下鴨神社 御影祭

   

1.
a0046000_15361613.jpg


More
# by hirok41 | 2012-06-09 15:49 | 京 行事

上賀茂神社  斎王代 禊神事

本日は15日、斎王代が御所から下鴨神社を経て上賀茂神社に行かれる葵祭ですが、生憎の雨になり
明日に順延されました。 遅くなりましたが5月4日に行われた「禊神事」をアップさせて頂きます。

1.
a0046000_10551439.jpg


More
# by hirok41 | 2012-05-15 11:04 | 京 行事

城南宮  曲水の宴

長い間、ご無沙汰をしていて申し訳ございません。

久しぶりに友人に教えて戴いて境地市内から南ある城南宮へ行ってきました。
この行事は、4月29日と11月3日(午後2時から)の年2回行われています。

「曲水の宴」の由来
春の禊ぎ
春暖の陽気は人々の心をはずませるが、一方、疫病のはやりをもたらすものであって、中国であれ、日本であれ、
純朴な古代の民衆は、野山の川原に出、水を浴み身を清め、無病息災を祈る信仰が続いていたのです。
此の春の禊ぎは、奈良・平安時代に、大宮人の春の雅遊となって曲水の宴に発展し、平安時代、貴族の姫の
雛かざりとかさなって、三月三日の桃の節句へと進展しました。
と説明がありました。

1.
a0046000_11572242.jpg


More
# by hirok41 | 2012-05-02 12:17 | 京 行事