湯立て神楽 城南宮 1月20日 報告写真

全国各所の神社で行われていますが、城南宮で行われる「湯立て神楽」、初めて撮影に行ってきました。
襷掛けの巫女が大釜の前に進み湯に塩を撒いて釜を清め、沸き立つ湯に洗米・酒を入れます。
両手に笹の束を持ち、笹の葉で勢いよく釜の湯を散らして邪気を祓い、無病息災、願望成就を祈ります。

1.文政六年癸未二月の銘を持つ直径70cmの大釜が使われます。
a0046000_11415256.jpg





2.水を桶から注ぎ入れ準備を始めます。
a0046000_11474514.jpg


3.薪をくべ湯を沸かします。
a0046000_11493291.jpg


4.お湯が沸き準備が整いました。
a0046000_11525828.jpg


5.神前へ向かいます。
a0046000_1153452.jpg


6.参拝者のお祓いが行われます。
a0046000_1156743.jpg


7.舞殿では4人の巫女のよる祓神楽が行われます。
a0046000_11565696.jpg


8.沸き立った大釜を塩で清め洗米、に酒を入れます。
a0046000_11595234.jpg


9.いよいよクライマックス笹の葉で沸き立った釜の湯をまき散らし無病息災を願います。
a0046000_123720.jpg


10.参拝者にも湯を掛け邪気を払い願望成就を祈ります。
a0046000_127158.jpg


11.神事は滞り無く終わりました。
a0046000_1275243.jpg

by hirok41 | 2009-01-23 12:08 | 京 行事
<< 初天神 北野天満宮 1月25日 通し矢 三十三間堂  1月18... >>