水害 嵐山

思い出した頃にブログアップをして申し訳ありません。
京都には滅多に来ない台風がやってきて猛威をふるい暴れていきました。
トレッキングを兼ねて清滝から嵐山を歩き、その様子を見てきました。


1.本来ならば高雄-清滝-嵐山までと思いましたが、久しぶりに歩くので無理をしない範囲として
  清滝ー嵐山としました。
  歩いたのは9/20で台風が通過して3日目でした。清滝川は気持ちの良い透き通った清流でした。
  凸凹した道だけに慎重に歩きました。
a0046000_1215331.jpg








2.気温は高めでしたが、川面を吹く風が冷たくて気持ちよく快適に歩くと事が出来ました。
a0046000_12243923.jpg





3.落合まで歩き川面を見て大変驚きました。保津峡から流れてきた水の色はご覧の様に全く違っていました。
  また水位も大分増えている様でした。
  折角此処まで来たので、旧 保津峡駅まで脚を伸ばしました。
a0046000_12293811.jpg




4.トロッコ列車は既に開通していましたが、保津川には濁流が流れ、吊り橋も随分傷んでいました。
a0046000_12315184.jpg





5.折り返して落合まで戻り、山道を登って鳥居本へ向かいました。途中、保津川を跨ぐ鉄橋が見えました。
a0046000_12412446.jpg





6.漸く嵯峨の時に出る事が出来ました。 一路、嵐山へ
a0046000_1246086.jpg




7.嵐山に着き川面は想像以上の水量が残っていました。 ボートの姿もありません。
a0046000_12501494.jpg





8.水量は少なくなっていましたが、橋桁には上流から流れてきた木々で一杯でした。
  数日後、TVで放送していましたが、流木の撤去が進めていました。
  美しい姿が間もなく蘇る事と思います。
 
a0046000_1254587.jpg




   ありがとう御座いました。
by hirok41 | 2013-09-30 13:02 | トレッキング
祇園祭  山鉾巡行 >>